フリートマネージメント

世界中を流通するお客様の定温輸送容器フリートを管理しています。

当社は、グローバルネットワーク内で統一された一連のSOPとWIを実施し、重要な貨物の損失リスクなしに繰り返し管理、修理、回送、調温、再出荷します。お客様がお持ちのリユーザブルシッパーを使用したり、弊社が保有する世界中でご利用可能な機材を利用したりすることができます。このネットワークは、どの担当者やサービスセンターが関わっていても、出荷の各段階で同じ情報を取得することで、各拠点間のサービスの一貫性を実現しています。サービスの一貫性を保つために、すべての担当者の年次トレーニングを記録しています。すべてのフリートマネジメントサービスのトレーサビリティとデータ入力は、資産管理ソフトウェアCrēdo ProEnvision™によって達成されています。

「収集される情報」は、ネットワーク全体で、世界共通の作業指示に沿ったトレーニングが行われているか、その他の繰り返し作業が行われているかなどを確認するための情報のみです。また、「収集される情報」は、梱包した時の各蓄熱材の温度です。さらに、「記録される」のは、冷蔵庫からハンドヘルドリーダー、温度監視まで、使用されたすべての機器の校正履歴です。この情報は、必要に応じて監査証跡を確立し、ネットワーク全体でサービスレベルの一貫性を確立するために使用できます。

この情報は、温度変動の根本原因分析などの問題を効率的に解決し、グローバルサービスネットワークのすべてのサイトで一貫して実装される繰り返し行う改善を確かにするために使用できます。これにより、世界中のPeli BioThermal™ネットワーク内のすべてのサービスセンターの継続的な認証がサポートおよび実施されます。何が最も効果的かを見つけ、学習したことをすべてのサイトで一貫して実行します。

Image
Credo Cubeとクーラント