白書

Image
Peli_Bio_Thermal_Sustainability_Survey

バイオ医薬品のコールドチェーンに関するキーオピニオンリーダーによると、バイオ医薬品業界では、ビジネス戦略やオペレーション戦略において、持続可能性を優先する動きが加速しています。全体の半数近くの回答者が、コールドチェーンの購入決定において、すでに持続可能性を常に考慮しています。

Image
Peli_Bio_Thermal_future_of_shipping_trends_white_paper

温度管理されたパッケージの種類(シングルユース、リユーザブル、パッシブ、アクティブ)とその環境への影響を調べたレポート

  • リユーザブルパッケージの環境への影響
    • 廃棄物の削減
    • 輸送コストの削減
  • 回収管理をして再利用率を最大化
Image
Peli_Bio_Thermal_Sustainability_Survey_2019

世界の医薬品業界が高い成長を続ける中、定温輸送容器というサブカテゴリーが急成長しています。温度にセンシティブな医薬品向けのこれら製品の販売量は、業界全体の2倍のペースで増加しており、2018年の世界売上高は3,180億ドルで、全売上高の4分の1(27%)以上を占めています。1 この急激な成長により、高額でセンシティブな製品を安全かつ確実に、そしてコスト効率よく配送するための、専門的な定温物流サービスへの需要も急増しています。2022年までに、世界のバイオ医薬品の上位50製品のうち30製品がコールドチェーン対応を必要とする、と言われています。

Image
Peli_Bio_Thermal_Tech_Trends_White_Paper

新しい技術により、お客様がより効率的に追跡、トレース、梱包できるようになったことで、世界中の医薬品の出荷方法が変化していることを調べた報告書

  • 倉庫ロボットと自動化
  • 製薬コールドチェーンロジスティックス用ブロックチェーン
  • 人工知能によるパッケージ到着対応
Image
Peli_Bio_Thermal_White_Paper_An _Environmental

この研究の目的は、環境への負荷を低減できる梱包材を市場から見つけ出すことです。

医薬品原料およびバイオ医薬原料は、製造業者、診療所、および病院間を輸送する際には温度管理を必要とします。このレポートの目的は、臨床薬物試験の促進に一般的に使用されるパッケージングへの2つの異なるロジスティックアプローチの製品寿命への影響を比較し、環境負荷を最小限に抑える方法を知ることです。ここで考慮されるのは、ポリウレタンまたはポリスチレンのいずれかで断熱された容器を利用するシングルユースによるアプローチと、真空断熱パネルを備えた容器を再利用するアプローチとの分析です。

Image
Peli_Bio_Thermal_White_Paper_Active_v_Passive

アクティブ型かパッシブ型? -この白書では、温度変化に弱い医薬品を大量出荷される際の最適な選択を行うための指標をご提供します。

Image
Peli_Bio_Thermal_White_Paper_Managing

CRT(室温)貨物出荷で問題となるものとして、水ベースの冷却剤、テスト条件のごまかし、および実施困難な調温過程限などが挙がります。これらの問題の多くは、温度が予想可能な輸送ルートでは解決できます。そういった輸送ルートでは、移動中の各通過地点に沿って温度条件が研究・記録されており、CRTシッパーへの影響は予想できる範囲になります。しかし温度が変動する可能性がある、というだけでなく変動する可能性が非常に高いという状況下では、通期温度保護を備えたシステムが最良の選択肢となります。