事例研究

画像
船上の血が命を救う

イングランド北東部に拠点を置くグレートノースエア救急車サービス(GNAAS)は、都市、農村、海岸線、山脈などの幅広い地形で重要な航空救急車の任務を遂行しています。公的寄付に頼って運営されているこのサービスは、事故や事件の現場で入院前のケアを提供しており、Blood on Boardイニシアチブを通じて毎年何百人もの重傷または病気の患者を救出しています。ここでは、このイニシアチブがどのように機能し、血液と血漿の革新的な使用によって命が救われ、Crēdo ProMed™荷送人を使用して完璧な状態に保たれているかについて説明します。

画像
Peli_Bio_Thermal_EMS

ジョージア州では、登録看護師と救急隊員が配置された航空救急ヘリコプターでのみ、病院に搬送される前でも血液製剤の投与が認められています。救急車の救急隊員は、これを行う許可を与えられていません。さらに、天候や稼働率の問題から、病院に到着する前に血液製剤を投与した方が良いと思われるすべての患者に航空医療用ヘリコプターを出動させることができないという壁があります。

画像
Credo_ProMed

幹細胞(HSC)製品を世界各地に輸送する際に重要なのは、時間通りに配送することだけではありません。「オンテンプ(適切な温度)」でのデリバリーはさらに重要です。人命救助のためには、要求された温度範囲を維持することが不可欠です。温度管理ができていないと、HSC製品の効力が弱まり、完全になくなってしまいます。つまり、患者さんの安全がかかっているということです。大切な貨物を守るために最適なパッケージを提供することは、非常に大きな責任があります。

画像
Peli_Bio_Thermal_Case_Study

製薬会社が薬を長距離輸送する際に重要なのは、「オンタイム(時間通り)」での配送だけではありません。製品によっては、「オンテンプ(適温での)」デリバリーがより重要になります。積載スペースの推奨温度範囲を維持することが重要です。それがなければ、薬の効力が弱まったり、完全になくなったりします。患者の安全がかかっています。この貴重な貨物を守るためのパッケージを提供することは、非常に大きな責任があります。

画像
Peli_BioThermal_CoolPall_Flex

デンマークからコンゴ民主共和国へのインスリン輸送

あるお客様は、コンゴ民主共和国のゴマにある倉庫にインスリンの配送を依頼していました。空港の規模やゴマへのサービスの関係で、ルワンダのキガリまで空輸し、ゴマまでトラックで陸送することになりました。

画像
Peli_Bio_Thermal_CoolPall_Vertos_Lid_Open

世界をリードするあるバイオサイエンスロジスティクス専門企業は、製薬会社のお客様から+2℃から+8℃の製品をフルパレットでベルギーからアイスランドに出荷したいとの依頼を受けました。既存のソリューションでは高額かつアイスランドの極寒の地では対応に大変苦慮しました。

画像
Credo ProEnvision

世界最大の医薬品製造会社の1つは、オーストラリア、シンガポール、東南アジアの他の地域にリユーザブル輸送容器Crēdo™を送っていましたが、コンテナを個別に返却することは費用対効果が低いことだと認識していました。ペリ・バイオサーマルのCrēdo ProEnvision™は、お客様が直面した課題に対するソリューションでした。

画像
Peli_BioThermal_Credo_Cargo

信頼と配送の代名詞である医薬品製造ブランド名の育成は、最高の製品、輸送中の製品の保護を確保するために必要なすべてのことを実装する勤勉さ、「正しい初回」の配送方法、および使用される出荷レーンが困難なものであっても、患者にとっての安全性の期待から始まります。