Canadian Blood Services団体、パンデミック時にも命を救い続ける

Oct 14, 2021

パンデミックは、世界中の産業界に乗り越えられないと思われるような課題をもたらしました。温度に敏感な救命用血液幹細胞を世界中の患者に届ける宅配便も例外ではありませんでした。旅行や国境の規制が強まり、飛行機がキャンセルされました。そのため、救命のための移植を待つ患者さんに血液の幹細胞を輸送することが特に困難でした。
 
カナダでパンデミックが発生したとき、Canadian Blood Services Stem Cell Registryのドナーサービス担当マネージャーであるゲイル・モリスは、血液幹細胞の輸送を指揮する同僚たちのネットワークをすぐに構築しました。彼女のチームは、数週間後に届く予定の血液幹細胞の寄付が、患者さんのベッドサイドまで無事に届くよう、連邦政府の担当者と緊密に連携しました。
 
パンデミックと渡航禁止令が進展するにつれて、モリスのチームが直面した障壁はより複雑になりました。チームは、検疫ガイドラインをナビゲートし、ボランティアの宅配者の健康状態への配慮し、バイオメディカル輸送の訓練を受けた専門の宅配便業者を雇い、さらには、カナダでのCOVID-19検査要件を回避するために、宅配便業者の免除書を入手する必要がありました。
 
課題があったにもかかわらず、MorrisとCanadian Blood Servicesのチームは、世界中で何百もの血液幹細胞の寄付を成功裏に輸送し、命を救い続けることができました。Canadian Blood Servicesがどのようにしてそれを実現したかについては、 https://www.blood.ca/en/stories/stem-cells-without-borders をご覧ください。

Image
Peli_BioThermal_Credo_ProMed